このブログを登録
記事を探す
▼記事一覧から探す?



▼カレンダーから探す?
05 ≪ 2017/06 ≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ワードから探す
カテゴリ
COUNTER
最近のコメント
流入アクセスランキング
タグリスト
Blog People
ブログキャラ
ブログパーツ
セコムの食とは?



あわせて読みたいブログパーツ

フィードメーター - 食べるをまなぶ


スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読んでいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります!

人気ブログランキング参加しています。
人気ブログランキング参加しています

拍手 | TrackBack(-) | Comments(-) | [カテゴリ]スポンサー広告 |
[タグ未指定]
フランス美食の祭典、フォアグラセミナー

2009.06.16

東京日仏学院で行われた「フランス・美食の祭典」のイベント、
フォアグラのセミナーに行ってきました。

20090605_1.jpg

フランスのフォアグラメーカー、ROUGIE社の社長によるセミナーと実演です。
現社長で4代目とのこと。

ルジェ社では1年で1000万羽のカモを5000トンのフォアグラにしているそうです。
生産の全行程をルジェ社が行っているとのこと。
95%はカモ、5%がガチョウという割合だそうです。
昔はガチョウが多かったそうですが、ニーズがカモに移ったそうです。

フォアグラにするため、カモ、ガチョウは3か月は普通に育てられ、
その後肥育に移されます。
肥育はカモが13日間、ガチョウが20日間。
この間は1日3回エサを大量に与えて太らせるのです。

ルジェ社の製品は、フレッシュフォアグラを冷凍したものと、
缶詰、瓶詰等の製品があるとのこと。
フレッシュは加熱調理用、缶詰等は火を通してありそのまま食べられます。

フォアグラは鮮度が命であり、3日以上たつと味が変わってしまうとか。
ルジェ社では急速冷凍を行い、生と変わらない味を保つようにしているそうです。
ちなみに日本には、ルジェ社ではフレッシュは冷凍しか入れていないそうです。

ルジェ社のフォアグラが日本に入ってきたのは40年前。
ポールボキューズが紹介したそうです。

話のあと、冷凍のフレッシュフォアグラをソテーする実演がありました。
両面に塩、こしょうして、フライパンで焼きます。
冷凍をすぐに焼くため、フライパンの温度は高くしすぎない。
そして、両面に色がついたらフライパンごとオーブンに入れて焼くのがコツだとか。

20090605_2.jpg

実演で焼かれたフォアグラ。

20090605_3.jpg

試食用に配られたフォアグラ。
バルサミコ酢を煮詰めたものがソースとしてかかっています。

20090605_4.jpg

続いて缶詰のフォアグラ。

20090605_5.jpg

冷凍フォアグラのパッケージ。
チャック式なので、使いたい分だけ使えるようになっています。
とはいえ、日本の一般家庭でこれを冷凍庫の中には入れておけないですよね。。。


スポンサーサイト
読んでいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります!

人気ブログランキング参加しています。
人気ブログランキング参加しています

拍手 | TrackBack:(0) | Comments:(0) | [カテゴリ]イベント |
[サイト内タグ検索] フォアグラ


ご案内

管理人のサチこです。
よろしくお願いします。
自己紹介
このブログについて

ランキング参加中!

▼クリックが励みになります▼


FC2Blog Ranking
いつもありがとうございます!

食べログ.com


食べログ グルメブログランキング
野菜&果物


ベジタブル&フルーツマイスター協会
募金
バナーをクリックして広告を見ることで募金ができます。
できることから協力してみませんか。



読んだ本&おススメの本
リンク
書籍&雑誌


ブックオフオンライン
PR





お酒のことなら酒ログへ!
酒ログは世界中のお酒を網羅したあらゆるお酒の情報検索サイトです。
 

  1. seo

SEO相互リンク検索エンジン
[プレスブログ]






ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。