このブログを登録
記事を探す
▼記事一覧から探す?



▼カレンダーから探す?
05 ≪ 2017/06 ≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ワードから探す
カテゴリ
COUNTER
最近のコメント
流入アクセスランキング
タグリスト
Blog People
ブログキャラ
ブログパーツ
セコムの食とは?



あわせて読みたいブログパーツ

フィードメーター - 食べるをまなぶ


スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読んでいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります!

人気ブログランキング参加しています。
人気ブログランキング参加しています

拍手 | TrackBack(-) | Comments(-) | [カテゴリ]スポンサー広告 |
[タグ未指定]
イータリーで食後酒とチョコレートの講座

2009.02.11

代官山のイタリア食材店EATALY(イータリー)で開催されたイベントに参加してきました。
「バレンタイン前の甘く優雅な時間 食後酒と楽しむチョコレート」です。
チョコレートとそれに合うお酒をテイスティングするとのこと。

講師は「EATALY食の学校」学長の林茂氏です。
EATALY食の学校は興味があるのですが、都合がつかず受講できずにいたので、
このような単発イベントはありがたいです。

まず今回ティスティングするお酒についての説明がありました。

20090204_1.jpg

写真はマルサラの資料です。
イタリアの生産者が出しているもので、イタリア語で書かれています。
ブドウを蒸留酒、ワイン、カラメル状にしたもの等に加工し、
商品毎に何が入っているかを示した資料です。
今回テイスティングするマルサラは、図の右から2番目になり、
原材料4つ全てが入っているので甘口ということが分かります。
そのほかにも熟成年数等も決められています。

20090204_3.jpg

今回いただくチョコレート。
全てイータリーで扱っている商品です。

手前真ん中の銀紙で包んでいるが、ジャンドゥイオット。
ヘーゼルナッツを混ぜたトリノ名物のチョコレート、ジャンドゥーヤの小さい版です。
その右がジャンドゥーヤのチョコレートケーキ。
一番奥がオレンジピールのチョコレート。
真ん中の丸いのがコーヒー豆のチョコレートがけ。
タブレットは、左がカカオ100%のもの、右がミント味のもの。

20090204_2.jpg

まず最初のお酒はマルサラ。
セミセッコなので残糖が多いです。

ジャンドゥーヤと合わせます。
マルサラの甘さとチョコレートの甘さが同じくらいのバランスでよい感じです。
チョコレートケーキも同様にマッチしました。

20090204_4.jpg

ここでイータリーのバイヤーの方(もちろんイタリア人です)から、
ジャンドゥーヤの説明がありました。
ジャンドゥーヤは10g、小さいものは5gだそうで、
作り方も型に入れてつくるものと、
型に入れずにつくるものと2通りあると説明がありました。

金色の紙で包まれた大きいものは型でつくったもの。
小さなものは型なしでつくったものだそうです。
型を使う場合、外側と内側で別のチョコレートにすることもできるそうです。
写真右下のジャンドゥーヤの断面、色の違いが分かります。

小さいジャンドゥイオット、イタリアで最も人気のチョコレート職人のものだそうです。
色違いは味の違いで、マイルドとビターです。

20090204_5.jpg

2番目のお酒はグラッパです。
ワインにしたブドウの絞り粕を蒸留させたお酒です。
樽熟成をさせているので、色がついています。

コーヒー豆のチョコレートコーティングと合わせますが、それほど合うとは思えず。
続いてカカオ100%のチョコレートと合わせますが、ちょっと微妙。
グラッパとチョコレートの組み合わせは難しそうです。

20090204_6.jpg

3番目のお酒は、バローロ・キナート。
イタリアの赤ワイン、バローロにキニーネやそのほか香草、木の根を浸漬させた
甘口のフレーバードワインです。
甘口なのは砂糖を加えているから。

オレンジピールのチョコレートに合わせます。
オレンジのほろ苦さが香草のフレーバーに合います。
続いてミントのチョコレートを合わせます。
ミントの香りとキナートの香りがどちらも負けていないと感じました。

20090204_8.jpg

最後はサンブーカです。
アニス、フェンネルシードをアルコールに浸漬させ、砂糖を加えたお酒です。
エキス分、アルコール、水、砂糖の割合はすべて同じ、4分の1ずつだそうです。
糖分が多いので、かなりとろみのある液体です。
浸漬させるスピリッツは特に決まりはないそうです。

20090204_7.jpg

合わせるのは炒ったコーヒー豆。
サンブーカが飲まれる南イタリアでは、コーヒー豆を入れて飲んでいるそうです。

ちなみにサンブーカをチョコレートと合わせるのは難しかったです。

20090204_9.jpg

続いてエスプレッソにサンブーカを入れていただきます。
甘味が加わり、アニスの香りもほんのりするコーヒーになりました。

20090204_10.jpg

今回テイスティングしたチョコレートと食後酒。
全てのチョコレートとバローロ・キナート、グラッパはイータリーで販売しているそうです。

スポンサーサイト
読んでいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります!

人気ブログランキング参加しています。
人気ブログランキング参加しています

拍手 | TrackBack:(0) | Comments:(0) | [カテゴリ]講座 |
[サイト内タグ検索] ワイン リキュール チョコレート
試験まであと2日…

2008.09.20

ワインエキスパートの2次試験まであと2日(9/20時点)

先週に引き続き、Le Vin Vivant(ル・ヴァン・ヴィヴァン)
ブラインドテイスティングに行ってきました。

白5種類、赤5種類のブラインドテイスティングを行って、
結果は白4問正解、赤2問正解…でした。
あいかわらず赤がダメです。
シラーがさっぱり分からないことが今更ながら判明。。。

続いて、segafredo ZANETTIで勉強しようと思い、
いつもならメニューなど見ないのに、
たまたまメニューを見たところ、
リキュールが1ショット(10cc)からあり、
試したことのないイタリアの種子系リキュール、
フランジェリコ(Frangelico)を見つけたのでオーダーしました。

20080920_0.jpg

比較のため、同じくイタリアの種子系リキュール、アマレットも。
左がアマレット、右がフランジェリコです。

アマレットはヘーゼルナッツ風味のリキュールとのことで、
ナッツの香りがしました。
分かりやすいです。
ソムリエ教本によるとアルコール度数は24度とのこと。



読んでいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります!

人気ブログランキング参加しています。
人気ブログランキング参加しています

拍手 | TrackBack:(0) | Comments:(0) | [カテゴリ]ワインエキスパート |
[サイト内タグ検索] ワインエキスパート リキュール ワイン
薬草系リキュール~自習5回目~

2008.09.15

ワインエキスパートの2次試験まであと7日(9/15時点)

「決定版 リキュール&カクテル大事典」iconを買いました。

決定版 リキュール&カクテル大事典icon

リキュールについてカラー写真で詳しく説明してあるので、
テイスティングしたものだけでも試験前に目を通しておこうと思います。

薬草・香草系リキュールのテイスティングです。

20080915_3.jpg

RICARD(リカール)は、アニス風味のリキュール。
本によると、プロヴァンス産のスター・アニスにフェンネルなどのスパイスを加え、
アルコール度数の高い中性スピリッツに浸漬、蒸留させたものを
アルコール度数を45度まで下げ、水、砂糖、カラメルなどで味を調えて
造られているとのこと。

20080915_5.jpg

色は琥珀色よりもう少し淡い感じです。
香りは言われてみれば、アニス(八角)の香りのような気がします。
アルコール度数は45度です。

続いてSUZE(スーズ)です。
リンドウの一種、ゲンチアナの苦味を配合して造られたリキュールとのこと。

20080915_6.jpg

色は透明感のある黄色で、
香りは薬草!という感じの苦い香りがしました。
味は香りから想像していたものと違って味わいやすく、少しびっくりしました。
アルコール度数は16度です。

CAMPARI(カンパリ)です。
日本でもおなじみのイタリア生まれのリキュールです。
オレンジの果皮やコリアンダーなど30種類以上の原料が使われていると
されていますが、詳しい製法は門外不出だそうです。

20080915_7.jpg

色は透明感のある赤からピンクの間の色で、
苦味のある薬草系の香りです。
アルコール度数は24度です。

DRAMBUIE(ドランブイ)です。

スコットランド生まれのリキュールで、約40種類のスコッチ・ウイスキーをブレンドし、
それにヒースの蜂蜜やハーブを配合して造られているそうです。

20080915_8.jpg

香りは薬草の香りとウイスキーの香り、どちらもあります。
色は淡い琥珀色です。
アルコール度数は40度です。

最後に特殊系のリキュールを1つ。

20080915_4.jpg

BAILEYS ORIGINAL IRISH CREAM
(ベイリーズ・オリジナル・アイリッシュ・クリーム)
です。

アイリシュ・ウイスキーにフレッシュ・クリームを配合したリキュールです。
ヨーロッパでは古くからブランデーに生クリームを加えたドリンクを
楽しむ習慣があり、それを商品化したものだそうです。

20080915_9.jpg

コーヒー牛乳のような色で、
香りは甘く、コーヒーやチョコレートのような香りがします。
アルコール度数は17度です。


読んでいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります!

人気ブログランキング参加しています。
人気ブログランキング参加しています

拍手 | TrackBack:(0) | Comments:(0) | [カテゴリ]ワインエキスパート |
次のページ

ご案内

管理人のサチこです。
よろしくお願いします。
自己紹介
このブログについて

ランキング参加中!

▼クリックが励みになります▼


FC2Blog Ranking
いつもありがとうございます!

食べログ.com


食べログ グルメブログランキング
野菜&果物


ベジタブル&フルーツマイスター協会
募金
バナーをクリックして広告を見ることで募金ができます。
できることから協力してみませんか。



読んだ本&おススメの本
リンク
書籍&雑誌


ブックオフオンライン
PR





お酒のことなら酒ログへ!
酒ログは世界中のお酒を網羅したあらゆるお酒の情報検索サイトです。
 

  1. seo

SEO相互リンク検索エンジン
[プレスブログ]






ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。