このブログを登録
記事を探す
▼記事一覧から探す?



▼カレンダーから探す?
05 ≪ 2017/06 ≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ワードから探す
カテゴリ
COUNTER
最近のコメント
流入アクセスランキング
タグリスト
Blog People
ブログキャラ
ブログパーツ
セコムの食とは?



あわせて読みたいブログパーツ

フィードメーター - 食べるをまなぶ


スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読んでいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります!

人気ブログランキング参加しています。
人気ブログランキング参加しています

拍手 | TrackBack(-) | Comments(-) | [カテゴリ]スポンサー広告 |
[タグ未指定]
ワインエキスパート フォローアップセミナー2010・第1回

2010.04.17

日本ソムリエ協会の関東支部が開催している
ワインアドバイザー・ワインエキスパートのフォローアップセミナー、
昨年に引き続き今年も参加することにしました。

申し込みが締切ギリギリだったので心配だったのですが、
なんとか滑り込みで受講可能だったようです。

2010年第1回目の講師はソムリエの阿部誠さんです。
阿部さんは2002年の全日本最優秀ソムリエで、
日本を代表するソムリエの一人です。

阿部さんはシャンパーニュ専門のお店を開いているほど
シャンパーニュに詳しく、
今回のセミナーのテーマも
「ブドウ品種から探るChampagneの魅力」でした。

シャンパーニュの原料となる主なブドウ品種は3つ、
シャルドネ、ピノ・ムニエ、ピノ・ノワールです。
それぞれの品種の特徴を説明していただきました。

シャルドネ Chardonnay
果皮:白 
果汁:白
味わいの特徴:さわやかさ、酸味の持つ力強さ

ピノ・ムニエ Pino Meunier
果皮:黒
果汁:白
味わいの特徴:まろやかさ、やわらかさ

ピノ・ノワール Pino Noir
果皮:黒
果汁:白
味わいの特徴:コク、ボリューム感

そしてシャンパーニュ地方の地図をみながら、
グランクリュの土地の特徴や
それからもたらされるブドウの味わいへの影響について
お話いただきました。

資料としていただいた地図には等高線が書かれていて、
どこが山なのかが分かり、
この地区は南向き斜面だとかがよく分かり、理解が深まりました。

テイスティングも行いました。

20100410_1.jpg

1はシャルドネ単独のシャンパーニュ。
酸味がしっかりしていて、泡立ちも爽やかです。

2はピノ・ムニエ単独のシャンパーニュ。
1と比べると泡立ちはソフトです。

20100410_2.jpg

3はピノ・ノワール単独のシャンパーニュ。
果実味と酸味のバランスがよく、コクがあります。

4はシャルドネとピノ・ノワールが半々のシャンパーニュ。
ヴィンテージは2000年のものです。
熟成からくる香りもしっかりあり、
味わいも後味に複雑さがありました。

20100410_3.jpg

1.Guy Charlmagne/NV Grand Cru Reserve Blanc de Blanc
2.Eric Taillet/NV Brut Tradition

20100410_4.jpg

3.Paul Dethune/NV Brut Grand Cru Blanc de Noirs
4.Philipponnat/Reserve Millesime 2000 Brut

スポンサーサイト
読んでいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります!

人気ブログランキング参加しています。
人気ブログランキング参加しています

拍手 | TrackBack:(0) | Comments:(0) | [カテゴリ]ワイン |
[サイト内タグ検索] ワインエキスパート ワイン
ワインエキスパート フォローアップセミナー・第2回

2009.07.14

ワインアドバイザー・ワインエキスパート フォローアップセミナー、
今年の2回目に参加してきました。
 →ワインエキスパート フォローアップセミナー・第1回

今回の講師は、ベージュ アラン・デュカス東京の石田氏でした。

まず講義があり、ハーモニーでワインを選ぶという内容でした。

料理がおいしく食べられることが目的であれば、ワインは料理より軽くてよい。
ワインが中心であれば、料理は軽めで、できればメインとなるワインは
初めにもってくる。
季節であれば、夏場はタンニンでリフレッシュさせるか、
酸味でフレッシュにするかなど。

そして、ハーモニーのパターンも、
料理の風味とバランスがとれたもので合わせだけでなく、
逆に料理が持っていない風味と合わせることも考えられます。
この場合は必ず試してからお客様に出す必要があります。

今回のテイスティングは、オープン・テイスティングでした。
データを頭にいれてからテイスティングすることで、
分析し、なぜこういう味わいになるのか考えながら飲みます。

出されたワインは、ベージュで扱っているグラスワインとのことです。
(前回のロオジエといい、そういう流れになっています。)

20090627_1.jpg

石田氏は酸味が重要と考えているようで、
酸の強さでテイスティングの順番を考えるべきとの考えのようです。
そのため、赤からのテイスティングとなりました。

3.Chateau Fonbel Saint Emilion 2006
メルロー80%、カベルネフラン20%
10か月樽熟成(新樽30%)

4.Saummur Champigny Le Poyeux Clos Rougeard 2002
カベルネフラン100%

5.Chambolle Musigny J.C. Coteditot 2006
ピノノワール100%

20090627_2.jpg

1.Chateau Olivier Grave blanc 2004
セミヨン55%、ソーヴィニヨンブラン45%
樽熟成12か月

2.Saint Joseph blanc Domaine Francois Villard Fruit d'Avilleran 2006
マルサンヌ85%、ルーサンヌ15%
樽熟成10か月(新樽25%)

20090627_3.jpg

読んでいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります!

人気ブログランキング参加しています。
人気ブログランキング参加しています

拍手 | TrackBack:(0) | Comments:(0) | [カテゴリ]ワイン |
[サイト内タグ検索] ワイン ワインエキスパート
ぶどうバッジ届きました

2008.11.08

ワインエキスパートの認定証とぶどうバッジが届きました。

20081108_0.jpg

銀色のぶどうの上に、金色で「Wine Expert」の文字が入っています。

20081108_00.jpg

裏には認定番号が刻印されています。

実際にこのバッジを付けることは無いとは思いますが、やはり感慨深いです。

読んでいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります!

人気ブログランキング参加しています。
人気ブログランキング参加しています

拍手 | TrackBack:(0) | Comments:(0) | [カテゴリ]ワインエキスパート |
[サイト内タグ検索] ワインエキスパート
次のページ

ご案内

管理人のサチこです。
よろしくお願いします。
自己紹介
このブログについて

ランキング参加中!

▼クリックが励みになります▼


FC2Blog Ranking
いつもありがとうございます!

食べログ.com


食べログ グルメブログランキング
野菜&果物


ベジタブル&フルーツマイスター協会
募金
バナーをクリックして広告を見ることで募金ができます。
できることから協力してみませんか。



読んだ本&おススメの本
リンク
書籍&雑誌


ブックオフオンライン
PR





お酒のことなら酒ログへ!
酒ログは世界中のお酒を網羅したあらゆるお酒の情報検索サイトです。
 

  1. seo

SEO相互リンク検索エンジン
[プレスブログ]






ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。