このブログを登録
記事を探す
▼記事一覧から探す?



▼カレンダーから探す?
03 ≪ 2008/04 ≫ 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ワードから探す
カテゴリ
COUNTER
最近のコメント
流入アクセスランキング
タグリスト
Blog People
ブログキャラ
ブログパーツ
セコムの食とは?



あわせて読みたいブログパーツ

フィードメーター - 食べるをまなぶ


スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読んでいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります!

人気ブログランキング参加しています。
人気ブログランキング参加しています

拍手 | TrackBack(-) | Comments(-) | [カテゴリ]スポンサー広告 |
[タグ未指定]
ワイナリー遠足・その2

2008.04.26

その1から続きます

畑の見学の後、グラッパの蒸留器が置いてあるところへ移動しました。
グラッパとは、ワインを絞った滓を原料とした蒸留酒のイタリアでの呼び名です。
(フランスだと「マール」になります。)

20080426_7.jpg

蒸留器です。
これはイタリアで特注した小さめサイズとのこと。
でもかなりの大きさです。

続いておまちかねのワインの試飲です。

20080426_8.jpg

ここの畑で育ち、醸造されたワイン2種類です。
写真の左がプティ・ヴェルド100%でつくられた赤ワイン
右がシャルドネ(白ワイン)です。

プティ・ヴェルドという品種、普通は混醸につかわれて、
単独でワインにはなかなかならないものです。
そういった意味でとても珍しいので、ワイナリーの方の好意で出していただきました。
どちらもとても美味しかったです。

ちなみにプティ・ヴェルドのワインは、スクールの先生へのお土産として
1本買って帰りました。

スポンサーサイト
読んでいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります!

人気ブログランキング参加しています。
人気ブログランキング参加しています

拍手 | TrackBack:(0) | Comments:(0) | [カテゴリ]ワイン |
[サイト内タグ検索] ワイン
ワイナリー遠足・その1

2008.04.26

ワインスクールの企画で、ワイナリーツアー(遠足)に行ってきました。
伊豆にある「シャトーTS」というワイナリーです。
伊豆にワイナリーがあるんだと、ちょっとびっくりです。

シャトーTSは、シダックスが運営しているワイナリーで、
名前のTSはシダックス会長の志田 勤(しだ つとむ)さんのイニシャルだそうです。

シャトーに着いたときはあいにくの雨でしたが、
まず畑に案内していただき、栽培担当の方から説明を受けました。

20080426_3.jpg

上の写真は、「しなのリースリング」の畑です。
リースリングとシャルドネの交配種とのことです。
雨に弱いため、雨が多い日本で育てているため、
このような傘(レインカット)をしているそうです。

日本の降水量を考えると、こんなに雨の多い国でぶどうを育てているというのは、
本当にすごいことだと思います。
ちなみに、試験にも出てくるぶどうの栽培条件の年間降水量は500~900mmです。

また、株の間隔を狭く(50cm)しているとのこと。
このぶどうの木は植えて12年経っているそうですが、
通常の木の2~3年くらいの太さだそうです。
そうしている理由は、木、本体のほうに栄養がいかず、
ぶどうの実に栄養がいくからということだそうです。

20080426_4.jpg

ぶどうの仕立て方もスクールで勉強しましたが、
こうして実際に見ると理解も深まります。

20080426_5.jpg

この木は「やまソーヴィニヨン」。
日本の山ぶどうとカベルネ・ソーヴィニヨン種の交配とのこと。
赤っぽい色はやまぶどうの特長だそうです。

20080426_6.jpg

やまソーヴィニヨンはやまぶどうの血が入っているため、
雨に強く、レインカットは不要とのこと。

長くなったので、その2に続きます。

読んでいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります!

人気ブログランキング参加しています。
人気ブログランキング参加しています

拍手 | TrackBack:(0) | Comments:(0) | [カテゴリ]ワイン |
[サイト内タグ検索] ワイン
ワイン実戦講座第4回

2008.04.15

実戦講座第4回目は、ボルドーです。
ボルドーを制するものは、試験を制す!(?)というくらい重要で、
かつ暗記が全ての部分です。

実は、基礎講座が終わるころから、メドック格付けを暗記しようと頑張っているのですが、
1つ覚えては1つ忘れ…を繰り返す日々。
あれから1か月近く経つのに、まだ60シャトーを覚えていない…。。。

本日のティスティング

【No.1】
ワイン名: Viré Clessé Vieilles Vignes (ヴィレ・クレッセ・ヴィエイユ・ヴィーニュ)
品種: シャルドネ
生産地域: フランス ブルゴーニュ地方 マコネ地区
ヴィンテージ: 2005年
アルコール度数: 14.0%
AOCなど: Viré Clessé
生産者: アンドレ・ボノム

【No.2】
ワイン名: Coudoulet de Beaucastel Blanc (クードレ・ドゥ・ボーカステル・ブラン)
品種: マルサンヌ、ヴィオニエ、ブールブーラン
生産地域: フランス コート・デュ・ローヌ地方
ヴィンテージ: 2005年
アルコール度数: 13.0%
AOCなど: Cotê du Rhône
生産者: ドメーヌ・ペラン

【No.3】
ワイン名: Gewurztraminer (ゲヴェルツトラミネール)
品種: ゲヴェルツトラミネール
生産地域: フランス アルザス地方
ヴィンテージ: 2006年
アルコール度数: 13.0%
AOCなど: Alsace
生産者: ヒューゲル

【No.4】
ワイン名: Gevrey-Chambertin (ジュヴレ・シャンベルタン)
品種: ピノ・ノワール
生産地域: フランス ブルゴーニュ地方
ヴィンテージ: 2005年
アルコール度数: 13.0%
AOCなど: Gevrey-Chambertin
生産者: ドメーヌ・ジョセフ・ロティ

【No.5】
ワイン名: Coudoulet de Beaucastel Rouge (クードレ・ドゥ・ボーカステル・ルージュ)
品種: ムールヴェードル、グルナッシュ、シラー、サンソー
生産地域: フランス コート・デュ・ローヌ地方
ヴィンテージ: 2004年
アルコール度数: 14.0%
AOCなど: Côte du Rhône
生産者: ドメーヌ・ペラン

【No.6】
ワイン名: Chinon Clos de Croix Marie (シノン・クロ・ド・ラ・クロワ・マリー)
品種: カベルネ・フラン
生産地域: フランス ヴァレ・ド・ロワール地方
ヴィンテージ: 2001年
アルコール度数: 12.5%
AOCなど: Chinon
生産者: ドメーヌ・アンドレ・バルク


No.4のジュヴレ・シャンベルタンの価格は9,000円!
ティスティングで吐き出すのはもったいないと思ってしまいました。


読んでいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります!

人気ブログランキング参加しています。
人気ブログランキング参加しています

拍手 | TrackBack:(0) | Comments:(0) | [カテゴリ]ワインエキスパート |
[サイト内タグ検索] ワインエキスパート
次のページ

ご案内

管理人のサチこです。
よろしくお願いします。
自己紹介
このブログについて

ランキング参加中!

▼クリックが励みになります▼


FC2Blog Ranking
いつもありがとうございます!

食べログ.com


食べログ グルメブログランキング
野菜&果物


ベジタブル&フルーツマイスター協会
募金
バナーをクリックして広告を見ることで募金ができます。
できることから協力してみませんか。



読んだ本&おススメの本
リンク
書籍&雑誌


ブックオフオンライン
PR





お酒のことなら酒ログへ!
酒ログは世界中のお酒を網羅したあらゆるお酒の情報検索サイトです。
 

  1. seo

SEO相互リンク検索エンジン
[プレスブログ]






ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。