このブログを登録
記事を探す
▼記事一覧から探す?



▼カレンダーから探す?
11 ≪ 2008/12 ≫ 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ワードから探す
カテゴリ
COUNTER
最近のコメント
流入アクセスランキング
タグリスト
Blog People
ブログキャラ
ブログパーツ
セコムの食とは?



あわせて読みたいブログパーツ

フィードメーター - 食べるをまなぶ


スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読んでいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります!

人気ブログランキング参加しています。
人気ブログランキング参加しています

拍手 | TrackBack(-) | Comments(-) | [カテゴリ]スポンサー広告 |
[タグ未指定]
米のリテラシー

2008.12.20

フードリテラシー研究会のワークショップに行ってきました。
「米のリテラシー」と題した、米の発酵に焦点を当てた内容です。

講師は、飯尾醸造の5代目見習い飯尾彰浩さん。
飯尾さんのお酢の講座はこれまでに何度か受講していますが、
お酢以外のお話を聞くのは初めてなのでとても楽しみだったのです。

20081213_1_1.jpg

テーブルにセッティングされた5つの食材。
左から、乾燥米麹、甘酒、みりん、米ぬか、浅漬けです。

ちなみに、甘酒は升本屋さんの提供による天領酒造さんの「造り酒屋の甘酒のもと」。

20081213_1_3.jpg

そしてみりんは、(飯尾さんのワークショップではおなじみの)白扇酒造さん
「福来純 三年熟成本みりん」です。

米ぬかは、マルイ漬物さんのぬか床で使っているもの。
特別栽培、有機栽培の米ぬかです。
ちなみに米の場合、農薬は米ぬかの部分に溜まりやすいのです。
そして漬物は、土浦で有機栽培をされている久松農園さんの野菜を
マルイ漬物さんが漬けたもの。

テイスティング食材が豪華すぎます!

20081213_1_2.jpg

米の発酵についての説明、まずは麹から。
乾燥麹で、市販されているそうです。
これをずっと噛んでいると、だんだん甘くなってくるそうです。
話を聞きながら噛んでいたのですが、どうしても飲み込んでしまい
甘くなるまで口の中に残っていなかった。。。

麹を使って米の甘味や旨味を引き出した飲み物が甘酒です。
米麹とご飯を混ぜ、お湯を加え、保温すれば出来るということで、
飯尾さんによるデモンストレーションもありました。

が、テイスティングは上で紹介した甘酒をいただきました。
市販されている甘酒は砂糖や添加物が入ったものが多いそうですが、
この甘酒は米と米麹のみでつくられたものです。
ほんのりとした甘味で上品な味でした。

ちなみに甘酒は、夏の季語です。
江戸時代における栄養補給として、江戸では夏になると甘酒売りが来たといいます。

続いて、日本酒と焼酎、泡盛の話がありました。
日本酒では黄麹を使い、焼酎は白麹、泡盛は黒麹を使います。
違いは、白麹、黒麹は酸を出すため、温度が高くても腐らないということだとか。
酸があるためそのままでは飲めないので、蒸留する必要があります。

蒸留廃液は昔は捨てていたそうですが、
今は、もろみ酢として売られているとのこと。

続いては、みりんです。
簡単に言うと、米麹と蒸したもち米に焼酎を入れて熟成させると出来るそうです。
というわけでデモンストレーションがあったのですが、
それに使った焼酎を「テイスティングしますか?」という呼びかけに、
ものすごい勢いでうなずいてしまいました。(すいません)

20081213_1_4.jpg

米焼酎「大石流瓶造り」。
球磨焼酎です。
ワインエキスパートの勉強中、焼酎のところで、「球磨ってどこ?」と思ったものです。
熊本県の球磨川流域で生産される米焼酎は、球磨焼酎と名乗ることができます。
この焼酎も升本屋さんで扱っているそうです。

続いて米酢です。
飯尾さんの本業なのに、あっさりとした説明で終わってしまいました。

そして、米の発酵食品として糠漬けの登場です。
タンパク質や脂質の多い糠で乳酸菌を増殖させ発酵させたものが糠漬けです。

糠そのものを食べたのは初めてでしたが、
いただいた糠はフワフワとして、味もおいしくびっくりしました。

糠漬けは、使った久松さんの野菜が、畑の肥料として米ぬかを使っているので、
ぬか床と相性がよいのではないかと久松さんがおっしゃっていたそうで、
実際、ほんとうにおいしい糠漬けでした。

最後に米の加工品として、米粉のパンとケーキをいただきました。

20081213_1_6.jpg

某大手製パン会社にて商品開発を行っている方が、今回のために焼いてくださいました。
米粉でパンをつくると、焼き縮みしてしまうこと、カビがはやいことが欠点だそうです。
上の写真にもあるように、シフォンケーキが紙型よりも低くなりかなり縮んでいます。
もっちりとした水分を多く含んだ生地は、カビのリスクも多くなるのは想像に難くないです。

いただいたパンは米粉70%使用、ケーキは100%使用とのこと。
パンの場合、小麦粉のグルテンがどうしても必要になってしまうそうです。
ただし、小麦粉アレルギーの方でもグルテンならば大丈夫という人がいるそうで、
小麦粉アレルギーの方が買っていくことが多いそうです。

いつにも増して飯尾さんのトークが面白く、かつ大変勉強になる講座でした。
ありがとうございました。

スポンサーサイト
読んでいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります!

人気ブログランキング参加しています。
人気ブログランキング参加しています

拍手 | TrackBack:(0) | Comments:(0) | [カテゴリ]フードリテラシー |
[サイト内タグ検索] フードリテラシー 飯尾醸造
「世界と日本のお茶おもてなしの心」セミナー

2008.12.18

FAS講座「世界と日本のお茶おもてなしの心」にお手伝いとして参加させていただきました。
講師の山上昌弘先生は、TVチャンピオンお茶通選手権で準優勝したお茶のプロであり、
ソムリエ資格も持っていらっしゃいます。
 →山上先生が主催されているティースタイル研究所のサイト

お手伝いとしてお茶を配ったりしていたため、講義の内容はメモしなかったので、
詳細の報告はできませんが、出されたお茶はすべて飲ませていただいたので、
それをご報告します。

詳しいレポートは以下ブログに掲載されていますので、そちらをどうぞ。
 →food&soulのブログ

20081208_1.jpg

講座に参加された方に出されたウェルカムドリンク。
当初冷茶を出す予定でいたのですが、寒かったため直前まで悩まれていました。
結局、常温より少し冷たいくらいの温度のお茶が出されました。

お酒が飲めない人にも、食事にあう飲み物を楽しんでもらいたいというお話をされていました。
実際、レストランではアルコール以外の飲み物は、ミネラルウォーターになってしまいます。
ワイングラスに注いだ冷茶なら、色合いもお酒のようで違和感はなく、
さっぱりとした味わいで食事と食事の間に口をリフレッシュさせるのにも向くと思います。

このお茶、何のお茶か知らされておらず、講座の最後で答えが明かされました。
ダージリン・ファーストフラッシュとのこと。
青っぽい味わいがしたので、中国茶の青茶かなと私は思っていました。
(ファーストフラッシュは紅茶の中で一番好きなのにと軽くへこみました。。。)

20081208_3.jpg

続いて温かい緑茶と、FAS講座のスタッフ手作りによるみかん入り大福です。
大福はみかんと餡子が以外にもマッチして美味しかったです。

20081208_2.jpg

緑茶のティーバック。
外国の方へのお土産によいかもと思いました。

20081208_4.jpg

にごった色のこの液体、マテ茶です。
南米で飲まれているハーブティーです。

20081208_5.jpg

現地では、写真のような水色の見えないコップに入れ、
金属製の茶こし付きストローで飲むそうです。

このマテ茶はパラグアイのもので、
写真のパッケージにもあるようにサッカーの元パラグアイ代表GK、チラベルトが
社長をしているメーカーのものだそうです。

20081208_6.jpg

続いて、モロッコ・ミントティーの入れ方の実演をしていただきました。
中国のお茶、イギリスの銀製ポット、フランスのグラス、と
モロッコ以外のものを取り入れて、自らの文化にしてしまったというお話がありました。

20081208_7.jpg

入れていただいたモロッコ・ミントティーです。
大量の砂糖を使うので、使っている量を見てしまうとかなりぎょっとしてしまいます。
甘くて、ミントの香りもさわやかでおいしいです。

20081208_8.jpg

最後に出されたのは、白桃烏龍茶の冷茶です。
烏龍茶に白桃の香りづけをしたフレーバーティーです。


読んでいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります!

人気ブログランキング参加しています。
人気ブログランキング参加しています

拍手 | TrackBack:(0) | Comments:(0) | [カテゴリ]FAS講座 |
[タグ未指定]
【告知】「ビューティーケアで私はもっと美しくなる」

2008.12.15

前回のFAS講座のレポートをまだ掲載できていませんが(すみません…)、
次回のお知らせです。
女性限定のネイル講座とのことです。

ネイルスペシャリスト・ビューティーアドバイザーから学ぶ美の秘訣
「ビューティーケアで私はもっと美しくなる」

 第1講座「信州のりんごでより美しく」
  講師:安達真史さん (ビューティーアドバイザー)

 第2講座「いつまでも綺麗なネイルであるために」
  講師:春咲友里さん (日本ネイルセラピスト協会代表)
  講座内容:つやのある綺麗なネイルにする方法、ネイルを綺麗に保つ食事

 第3講座「旬のお野菜で美人力を高める」
  講師:霜村春菜さん (ビューティーアドバイザー)

日時:12月21日(日)  午後1時半~午後4時半

場所:TOKYOビューティーアドバイザースクール
    JR原宿駅徒歩3分/地下鉄千代田線明治神宮前駅徒歩1分

参加費:5000円
     プロ仕様のネイルケアキットがもれなく付きます

申し込み方法:FAS公式ホームページのお問い合わせフォームから

お申込み期限:12月19日(金)午後5時まで

FAS_10.jpg


読んでいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります!

人気ブログランキング参加しています。
人気ブログランキング参加しています

拍手 | TrackBack:(0) | Comments:(0) | [カテゴリ]FAS講座 |
[タグ未指定]
次のページ

ご案内

管理人のサチこです。
よろしくお願いします。
自己紹介
このブログについて

ランキング参加中!

▼クリックが励みになります▼


FC2Blog Ranking
いつもありがとうございます!

食べログ.com


食べログ グルメブログランキング
野菜&果物


ベジタブル&フルーツマイスター協会
募金
バナーをクリックして広告を見ることで募金ができます。
できることから協力してみませんか。



読んだ本&おススメの本
リンク
書籍&雑誌


ブックオフオンライン
PR





お酒のことなら酒ログへ!
酒ログは世界中のお酒を網羅したあらゆるお酒の情報検索サイトです。
 

  1. seo

SEO相互リンク検索エンジン
[プレスブログ]






ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。