このブログを登録
記事を探す
▼記事一覧から探す?



▼カレンダーから探す?
06 ≪ 2017/07 ≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ワードから探す
カテゴリ
COUNTER
最近のコメント
流入アクセスランキング
タグリスト
Blog People
ブログキャラ
ブログパーツ
セコムの食とは?



あわせて読みたいブログパーツ

フィードメーター - 食べるをまなぶ


スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
読んでいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります!

人気ブログランキング参加しています。
人気ブログランキング参加しています

拍手 | TrackBack(-) | Comments(-) | [カテゴリ]スポンサー広告 |
[タグ未指定]
美しく食べる

2007.09.08

7月29日の神谷料理長の講義後、
前々回台風で休講となってしまった講義が行われました。

「マナー 美しく食べる」と題して、
以前「食の生理学」を講義していただいた梅田先生が講師です。

ワインスクールの校長先生なだけあり、
まずはワインのティスティングの方法です。
分からなくても、それらしい振る舞いをすれば、
恥をかかないということです。

また、ナイフ、フォークの使い方ですが、
フランス式と英国式は全く逆なんだそうです。

フランス式は「フレンチ・キャット」と言われるように
フォークの歯を伏せてセットされます。
英国式は逆にフォークの歯が上を向きます。
それにあわせて柄の飾りがある側も違います。

スプーンの使い方も、
フランス式は奥から手前にすくい、スプーンの先から飲みますが、
英国式は手前から奥へすくい、スプーンの横から飲みます。

歴史的にフランスとイギリスは仲が悪かったことから
こうなったみたいです。

フランスだからフランス式かというと、そういうわけではないようで、
梅田先生がフランスに行ったときは、半々くらいだったそうです。
日本では英国式が主になっていると思います。


マナーは知っているにこしたことはありませんが、
それよりも、間違ったとしても決して慌てず、
慌てて修正などしないで堂々としていることが大切とのこと。

招いてくださった方と料理を作ってくださった方への
感謝の気持ちを忘れずに、
食事を楽しむことが一番大切なことだと思います。




  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
読んでいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります!

人気ブログランキング参加しています。
人気ブログランキング参加しています

拍手 | TrackBack:(0) | Comments:(0) | [カテゴリ]フードマエストロ |
[サイト内タグ検索] フードマエストロ
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



ご案内

管理人のサチこです。
よろしくお願いします。
自己紹介
このブログについて

ランキング参加中!

▼クリックが励みになります▼


FC2Blog Ranking
いつもありがとうございます!

食べログ.com


食べログ グルメブログランキング
野菜&果物


ベジタブル&フルーツマイスター協会
募金
バナーをクリックして広告を見ることで募金ができます。
できることから協力してみませんか。



読んだ本&おススメの本
リンク
書籍&雑誌


ブックオフオンライン
PR





お酒のことなら酒ログへ!
酒ログは世界中のお酒を網羅したあらゆるお酒の情報検索サイトです。
 

  1. seo

SEO相互リンク検索エンジン
[プレスブログ]






ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。