このブログを登録
記事を探す
▼記事一覧から探す?



▼カレンダーから探す?
10 ≪ 2017/11 ≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ワードから探す
カテゴリ
COUNTER
最近のコメント
流入アクセスランキング
タグリスト
Blog People
ブログキャラ
ブログパーツ
セコムの食とは?



あわせて読みたいブログパーツ

フィードメーター - 食べるをまなぶ


スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
読んでいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります!

人気ブログランキング参加しています。
人気ブログランキング参加しています

拍手 | TrackBack(-) | Comments(-) | [カテゴリ]スポンサー広告 |
[タグ未指定]
いつのまにか50日を切っていた

2008.07.10

ワインエキスパートの試験まで47日(7/10時点)

いつのまにか50日を切っていた!
スクールの講義は猛スピードで進み、気づいたらアメリカまで終了しているし。。。

ところで今年(2008年)の教本は、ドイツが大幅に変更がありました。
ということは、今年はドイツの出題が多くなるかもしれないのです。
スクールでも当初の予定よりもドイツに重点を置いていました。

とはいえ、ドイツは「全て捨てるな!せめて半分は取ろう!」と
師匠(スクールの先生)が言うくらい、受験生にとってはやっかいな所なのです。

一方、イタリアは「点の稼ぎ所」と言われるのですが、
私はとっつきにくく感じてしまいます。
その原因と私が勝手に思っているのは、ソムリエ教本のイタリアの分かりづらさ!
教本を執筆しているのは、それぞれの専門家の方だと思うので、
分野によって書き方が違うのは仕方ないのですが、それにしても…。

ということで、この後に及んで
イタリアについては州別にノートにまとめることに。
(全20州。そしてDOCGは今年1つ増えて36。結構なボリューム…)
ついでに地方料理とチーズについても一緒に。

ワインと料理については、私がワインの勉強をしようと思ったきっかけに繋がる所なので、
しっかり勉強したいという変なこだわりがあります。
フランス郷土料理については、並木先生の本でカバーできるけれど、
イタリアはどうしようと思っていたら、
イタリア郷土料理探訪記」というサイトを見つけました。

正直、試験に役立つとは思わないのですが、
面白そうなので、時間のあるときにちょこちょこ見てみようと思っています。




  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
読んでいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります!

人気ブログランキング参加しています。
人気ブログランキング参加しています

拍手 | TrackBack:(0) | Comments:(0) | [カテゴリ]ワインエキスパート |
[サイト内タグ検索] ワインエキスパート
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



ご案内

管理人のサチこです。
よろしくお願いします。
自己紹介
このブログについて

ランキング参加中!

▼クリックが励みになります▼


FC2Blog Ranking
いつもありがとうございます!

食べログ.com


食べログ グルメブログランキング
野菜&果物


ベジタブル&フルーツマイスター協会
募金
バナーをクリックして広告を見ることで募金ができます。
できることから協力してみませんか。



読んだ本&おススメの本
リンク
書籍&雑誌


ブックオフオンライン
PR





お酒のことなら酒ログへ!
酒ログは世界中のお酒を網羅したあらゆるお酒の情報検索サイトです。
 

  1. seo

SEO相互リンク検索エンジン
[プレスブログ]






ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。