このブログを登録
記事を探す
▼記事一覧から探す?



▼カレンダーから探す?
08 ≪ 2017/09 ≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ワードから探す
カテゴリ
COUNTER
最近のコメント
流入アクセスランキング
タグリスト
Blog People
ブログキャラ
ブログパーツ
セコムの食とは?



あわせて読みたいブログパーツ

フィードメーター - 食べるをまなぶ


スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
読んでいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります!

人気ブログランキング参加しています。
人気ブログランキング参加しています

拍手 | TrackBack(-) | Comments(-) | [カテゴリ]スポンサー広告 |
[タグ未指定]
オリーブオイルを知る~オリーブオイル講座第1回~

2008.11.15

アカデミー・デュ・ヴァンといえばワインスクールですが、
オリーブオイルの講座を開いているというので受講することにしました。
「O.N.A.O.O.認定 オリーブオイル基礎講座」です。
開講したのが10月なので、1回目の講座から1か月が経ってしまいましたが、
少しずつ受講した内容を掲載していきたいと思います。

O.N.A.O.O.とは、Organizzazione Nazionale Assaggiatori Olio di Olivaの
略称で、訳すとイタリア・オリーブオイル・テイスター機構となります。

クリスティアーノ氏のオリーブオイル講座を聞いて、
オリーブオイルについてもきちんと学びたいと思っていたのです。

オリーブオイル基礎講座、第1回目のテーマは「オリーブオイルを知る」です。
オリーブオイルについて、全般的な説明がありました。

オリーブオイルのテイスターというのは品質をチェックする鑑定士であり、
イタリアでは各地の商工会議所に登録し、無償で活動しているそうです。
ボランティアというより名誉職のようなものだそうです。

オリーブオイルが属する商品カテゴリーを決定するためには、
テイスティングを行わなければならないと決められており、
テイスターによる官能検査(パネルテスト)が行われるとのことです。
官能検査を義務付けた最初の食品がオリーブオイルとのことです。

ワインにおけるソムリエとはまったく役割が異なります。

続いてオリーブオイルの分類についてです。
少しはクリスティアーノ氏の講座で聞いて知っていましたが、
日本語できちんと説明を受けるとやはり理解力が高まります。

オリーブオイルの分類は8つにわかれています。

  1.エクストラバージンオリーブオイル
  2.バージンオリーブオイル
    (オーディナリー・バージンオリーブオイル)
  3.ランパンテオリーブオイル
  4.精製オリーブオイル
  5.オリーブオイル
  6.オリーブ・ポマース原油
  7.精製オリーブ・ポマースオイル
  8.オリーブ・ポマースオイル

日本で食用として流通しているのはこのうちの2つ、1と5です。

1~3までがオリーブの果実をそのまま絞ったものをオイルとしたものであり、
バージンオリーブオイルにカテゴリーされます。

4~8は加工オリーブオイルで、
ランパンテや絞りかすの抽出オイルを精製したものとなります。
これらを食用にする場合は、1や2のオイルをブレンドして風味付けます。

2のバージンオリーブオイルは、
日本ではJAS法の関係で販売できないそうです。

3のランパンテは、官能テストで多くの欠点があると判定されたバージンオイルです。

5のオリーブオイルは、
日本では「ピュアオイル」という名で売られているものになります。
この名称は日本でのみ使われているものであり、正式な名前ではありません。
これは3のランパンテを精製した4の精製オリーブオイルに、
1又は2のバージンオリーブオイルをブレンドしたものです。

オリーブ・ポマース原油は、絞り滓から溶剤抽出したオイルです。
化粧品に使われているオリーブオイルはこのポマースオイルだということです。


講義の後はオリーブオイルのテイスティングです。
今回は4種類のオイルをテイスティングしました。

1番目のオイルは、香りも乏しく、味わいもありませんでした。
エクストラバージン・オリーブオイルではないオイルだと思ったら、
そのとおりでした。
精製したオリーブオイルとのことです。
テイスティングシートでは、全ての項目がゼロとなります。
つまり、欠点もなければ、特徴もないということです。

ちなみに、精製しただけのものは流通していないので、
今回の講座のためにO.N.A.O.O.から送られてきたものだそうです。

2~4番目のオイルはすべてエクストラバージンオリーブオイルです。
官能テストで欠点がないと認められたものになります。

20081014_1.jpg

2番目のオイル(写真右)は、イタリア、リグーリア州産のタジャスカ種100%のもの。
苦味よりも辛味が強いが全体的にマイルドな味でした。

3番目のオイル(写真真ん中)は、日本の小豆島産、ミッション種100%のもの。
小豆島オリーブ公園のエクストラバージンオリーブオイルです。
苦味と辛味は同程度でこちらもマイルドなオイルでした。

ミッション種は本来、個性が強い品種だそうですが、
日本で育ったオリーブからつくられたオイルからは、その個性は感じられないそうです。

4番目のオイル(写真左)は、イタリア・プーリア州、コラティーナ種100%のもの。
今回テイスティングした中では最も強い味わいです。
辛味がかなりありました。

このオイルは、新宿伊勢丹のオリーブオイル専門店
OLIOTECA(オリオテーカ)で扱っているようです。




  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
読んでいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります!

人気ブログランキング参加しています。
人気ブログランキング参加しています

拍手 | TrackBack:(0) | Comments:(0) | [カテゴリ]オリーブオイル講座 |
[サイト内タグ検索] オリーブオイル
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



ご案内

管理人のサチこです。
よろしくお願いします。
自己紹介
このブログについて

ランキング参加中!

▼クリックが励みになります▼


FC2Blog Ranking
いつもありがとうございます!

食べログ.com


食べログ グルメブログランキング
野菜&果物


ベジタブル&フルーツマイスター協会
募金
バナーをクリックして広告を見ることで募金ができます。
できることから協力してみませんか。



読んだ本&おススメの本
リンク
書籍&雑誌


ブックオフオンライン
PR





お酒のことなら酒ログへ!
酒ログは世界中のお酒を網羅したあらゆるお酒の情報検索サイトです。
 

  1. seo

SEO相互リンク検索エンジン
[プレスブログ]






ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。